| お問い合わせ | 採用情報 | ビジネスパートナー募集 | 会社案内 | English |

絵画鑑定、美術品鑑定、資産評価

絵画鑑定、美術品鑑定、資産評価のポイント

朝日画廊では、絵画や美術品の写真または現物を拝見して、資産評価や真贋の鑑定を行っております。

また、海外の調査機関と提携して、鑑定技術提供や、国内の評価・鑑定の請け負いを行っており、非常に高い評価をいただいております。

このようなかたは、一度ご相談ください。

朝日画廊の特徴

特許を取得した高い技術をもとに、できる限り正確な評価、鑑定を行っております。

鑑定と資産評価、照合調査の違い

朝日画廊では、「鑑定」、「評価」、「照合」を以下のように分けております。

鑑定(真贋鑑定)

作品の真贋を判定します。つまり、目的の作品の作者が、推定される作者と一致するかどうかを判定します。一致すると判断されれば、多くの場合、鑑定書(鑑定証)が発行されます。

評価(資産評価)

目的の作品の資産価値を算定します。作品は真作であるとの仮定のもとで、金額を出します。

照合(照合調査)

作者が分からない作品の、サインや落款等をもとに、作風から推定される作者の作品と照合し、作者を割り出します。

料金

サービス内容 価格
資産価値評価 日本人作者1点目 17,280円
資産価値評価 日本人同一作者2点目以降 6,480円
資産価値評価 外国人作者1点目 31,320円
資産価値評価 外国人同一作者2点目以降 9,720円
評価額証書の発行 5,720円~
鑑定および鑑定書の発行 32,400円~
基材、色材による年代調査 お見積り
税務・会計・保険対応資産評価 お見積り
照合調査 32,400円~

※ 資産価値評価は、評価金額を電話で回答します。書類が必要な場合は事前にご相談下さい。
※ 資産価値評価は、真贋鑑定ではありません。真作であることを前提に評価します。

絵画鑑定、美術品鑑定

絵画美術品の真贋鑑定取扱いアーティスト

リストにない、国内外1,000名以上を含む、数多くのアーティストの鑑定をいたしております。気軽にお問い合わせ下さい。

絵画・美術品の資産評価

図のように、絵画の価格体系は複雑で、美術の年鑑類を見ても、資産評価をすることは不可能です。

また、資産評価の評価額と買取価格(買取査定額)、オークション見積価格は全く異なります。買い取りやオークションをメインとした業者が、無料または無料に近い費用で資産評価を行うことがあります。しかし、あくまでも買取やオークションへの出品を念頭に置いた価格の提示(見積もり)となるため、業者の思惑で本来の資産価値とはかけ離れた評価額を提示されることがほとんどです。

朝日画廊の作品売却は、委託販売が中心であり、資産評価はあくまでも有料でお取り扱いしておりますので、公正な評価をすることができます。

一般資産評価

手軽な価格で作品の資産評価を行うことができます。こんなときにはご相談ください。

価格についての各種機関からのお問い合わせへの対応が必要な場合は、「税務・会計・保険対応資産評価」をご利用ください。

税務・会計・保険対応資産評価

各目的に適合した資産価値の算定を行います。原則として、作品の現物を確認いたします。税務署や監査法人、保険調査機関等からの問い合わせへの対応を保証するサービスです。

国内外の美術品販売、美術館コンサルティング、損保向け美術品保険料算定等の幅広い分野で実績を持つ、朝日画廊ならではのサービスを提供いたします。もちろん日本全国に出張いたしております。相談は無料なので、気軽にお問い合わせ下さい。

朝日画廊の評価基準は、関連法規、特に税法・商法に精通する評価委員と公認会計士、元税務署長、元上場企業監査役などの意見により、厳格に構成されています。

税務署や監査法人から、評価額についての問合せがあった場合も、これまで全て的確に対応いたしております。

こんなときにはご相談ください。

※ お問い合わせ内容は、サービス向上のために録音させていただくことがございます。
メールでのお問い合わせはこちら